清濁併せ呑む.com

親愛なる宇宙由来の魂(スターシード)へ

答えは自分の中に在る=積み上げるのではなく「手放す」セドナメソッド

答えは自分の中に在る=積み上げるのではなく「手放す」セドナメソッド

願望実現のためにセドナメソッドを実践しています。

ちょっと行き詰まったかな?って感じてきました。この記事に書いています。

インサイトCDを使ってのセドナメソッド。ゲリー・ボーネルの瞑想CDを使ったセドナ。 

 

クンルンネイゴンファシリテーターの伯井さんのヒーリングを受けた経験があります

そのとき教わった印象に残っている言葉が「積み上げていくのではない。手放していくのです」

積み上げていくのではない。手放していく。

伯井さんのヒーリングを受けた一ヶ月後にセドナを知り夢中になった結果の今日があります。

セドナは手放していく手法ですので、一種のシンクロニシティだったと思います。

サブリミナル音源を「とりあえず」手放してみる

積み上げていくのではなく、手放していく。手放す。

サブリミナルサブリミナルさんのサブリミナル音源でサブリミナルミリオネアというタイトルがあるのですが、これをさっき手放してみました。

注意事項として、サブリミナルさんの音源に効能が無いから手放すという意味ではありません。むしろサブリミナルさんの音源を聴いていたら耳がふわぁって暖かくなったり独特の感じがしてきて好きなんです。好きすぎて執着しているのかもしれません。

積み上げるのではない。手放す。積み上げてきたものを手放す。

手放すといっても縁を切るという意味ではありません。なんというかセドナ的に言うと「コントロールを手放す」

コントロールを手放す。しがみつくのをやめる。しがみつかない。執着に気づいて手放す。

手放した結果どうなるのだろう。とりあえず手放してみました。

伯井さんに教わった言葉「積み上げるのではない。手放す」と真剣に向き合う時がきたのかもしれません。

管理人はツールが大好きです。便利で使いやすい道具やツールが大好きです。瞑想や願望実現ジャンルにも水晶や瞑想CDといったツールがありますね。

パソコンやiPhone・・PCガジェット。瞑想などのツールにはインサイトCDにサブリミナル音源にオルゴナイトや隕石・水晶。

我ながら優秀なツール達と縁があって今でも非常に嬉しいです。これだけのツールを「積み上げてきました」

積み上げてきた。積み上げてきた。積み上げてきた。積み上げてきた。積み上げてきた。

手放すとは捨てるとか破壊するといったことではありません。「コントロールを手放す。執着に気づいて手放す。しがみつくのをやめる」といった意味合いになり、セドナを実践している方にはおなじみの感覚だと思います。

管理人が実践しているセドナメソッドとは「感情」を手放す手法になります。シンプルで地味なのですが有効だと思っています。

「手放していきゼロに戻る」という意味とは

伯井さんはクンルンネイゴンのファシリテーターであり、こういう不思議体験画像が普通に撮れてしまう「覚者」だと思っています。MAXさんが認めた人物だそうですから、凄いのだと思っています。

こういう不思議体験がものすごい人って「先生」って呼ばれるし呼ばせたがる傾向にあるですが、伯井さんやクンルンのKan.さんにゲリー・ボーネルさんなどは「先生」と呼ばれるのを極端に嫌いますね。理由があるみたいですね。その理由は次の機会に書いてみようと思います。

「その人に必要なことを施す」という伯井さんのヒーリング「パーソナルエナジーセッション」で管理人に必要だった事を伯井さんは伝えてくれました。

それは「積み上げるのではなく、手放していって、結果的にはゼロに戻る。ゼロになる」という言葉でした。

その言葉を聞いたときはよくわかりませんでしたが、今となっては「ゼロに戻る」とは、願望実現入れ食い状態の達人に共通するという「深い感情の開放が進んだ結果、カネがあってもなくてもどちらでもいい。既にカネは”持っている。持っているを選択しただけ。答えはじぶんの内側に在る」という意識に近いものかな。と思います。

上記は管理人の見解であり。クンルンネイゴンではあんまりカネカネ言わないみたいです。ゲリー・ボーネルさんはカネカネ言うみたいですが。ゲリー・ボーネルさんのセッションは高額なことで有名ですからね。

お金に正直?なゲリー・ボーネルさん

管理人はカネカネ言うゲリー・ボーネルさんの事は決して嫌いではありません。

その理由は管理人がセドナを始めた理由のひとつが「カネ」だからです。

楽をするためにはどんな努力もしていきたい。そのように考えていますが、そろそろ修行じみた努力ももう手放そうかなと感じてきました。

チベット体操は一生続ける気がします

積み上げていくのではない。手放すという話題なのですが、直観でチベット体操は一生続けていくことになる気がしてます。

どうなるかわかりませんが。

Return Top