清濁併せ呑む.com

親愛なる宇宙由来の魂(スターシード)へ

破壊と創造→陰謀・拷問のカルマの開放? 亜細亜産業と日本の闇 陸軍中野学校と明石元二郎

破壊と創造→陰謀・拷問のカルマの開放? 亜細亜産業と日本の闇 陸軍中野学校と明石元二郎

このひとは小野田寛郎さん。敗戦後でも敵国を見張るという特殊任務を全うされた方です。

小野田寛郎さんは「陸軍中野学校」という特殊な学校の卒業生でした。

破壊と創造は~~~~

なんでしょうね。ちょっとわからないです。

以後追記していきますが、気分がのらないとおもうので削除していくかもしれません。

5月18日 追記:気分がのらないはずです。どうやら拷問に関するカルマを開放したいみたいです。・・・・そりゃ・・・気分がのらない。具体的な記述は必要が無いので避けています。つめをはぐとか。おぞましい・・・・

亜細亜産業と日本の闇がどうやって統合されるのでしょう?

画像引用:お問い合わせ | 都市伝説とその裏側

とりあえず書いていこうと思いますが、特にもう必要無い気もします。

日本の闇?陰謀論?って感じる人もいるかもしれませんが、こんな感じで写真が残ってたりするのが興味深かったりもします。

っていうか、写真残すんじゃないよ(笑)なんで写真残すんだ。どうしてでしょ。やっぱり「陰謀」なんすかねぇ。しらんけど。

この画像には敗戦後の闇が凝縮されている気がしてなりません。キャノン機関にCIC。

キャノン機関とかCICとか「下山事件」の真相で必ずウワサされるひとたちなんですが、どうして「日本人と一緒に機嫌よく記念撮影?」

  • キャノン機関・CIC
  • 白洲次郎さん?「従順ならざる日本人」がどうしてキャノン機関と。じつは「従順」?
  • 祖父・柴田宏・・って誰?祖父?ってことは「誰が」この画像を?

「小説家」柴田哲孝さんと下山事件の真相

画像引用:せんだい文学塾 衝撃事件の核心を衝く! 柴田哲孝先生の「ノンフィクションでは書けないこと。小説なら書けること」 紹介ページ | 仙台市・宮城県のイベント情報の投稿サイト「きてけさin仙台」

「あの事件をやったのはね、もしかしたら、兄さんかもしれない…」

この方は小説家の柴田哲孝さん。祖父に「柴田宏」さんがいます。

柴田宏さんは日本の特務機関の任務に就いていたそうです。詳細は「本」読むとはやいです。

陰謀を追うと疲れるんですよね。こころが疲弊します。

そして「小説」なんです。それでも「下山事件 最後の証言」には敗戦後の奇妙な人脈や人間関係が生々しく記されています。

柴田哲孝さん・・・「現場を見たのか?」と。感じざるを得ないぐらいに。

created by Rinker
¥943 (2020/11/26 23:15:28時点 Amazon調べ-詳細)

「陰謀」を仕事としているひとたち

  • CIA・NSA
  • KGB
  • 陸軍中野学校

「陰謀」なんてあるわけない。ドラマか映画のなかでのハナシじゃね?って思うと思います。

陰謀なんてあるわけないのですが(笑)陰謀を職業としているひとたちがじつは・・・いるんすよ。。。。

信じられないとおもいますが・・じつは・・・いるんすよ。。。。

じつは・・・わりと多いんすよ・・・世界中で「陰謀をしごと」としている「プロ」

今日もCIAの下部組織では「どうすれば日本を効率よく支配できるか」のレポートの提出に若手が四苦八苦しているのかもしれません。しらんけど。

陰謀のかみさまといえば・・そうです!「明石元二郎」閣下

画像引用:明石元二郎 - Wikipedia

明石元二郎さん。陰謀のかみさまと言われています。

日露戦争において、ロシアを裏から徹底的に撹乱しました。徹底的に。

当時のロシアで、じつは「明石元二郎の仕掛け」だったことに気づいた人は誰ひとりとしていなかった。気づいたやつから「消していったので」当たり前なのですが。

明石元二郎閣下一人で陸軍二十万人に匹敵する。とも言われていたそうです。まさに「かみさま」

現在のアメリカ中央情報局「CIA」やNSAでも、明石元二郎閣下の「しごと」は良い教科書だそうです。

明石元二郎さんの血統とか調べたらむずかしいことになるみたいですのでやめましょう。きりがない

明石元二郎さんの教え「敵を欺くにはまず味方から」

敵を欺くにはまず味方から騙していこうと。そんなかんじのことをおっしゃってるみたいですね。

味方から騙していくと。国民から騙していくと。日本国民なんかに本当のことは知らせないぞと。

敵に勝つための鉄則です。

明石元二郎さんの教え「敵を欺くにはまず味方から」陸軍中野学校の鉄則として受け継がれていくことになります。

味方から拷問されても基本的に「吐かない」のが陸軍中野学校出身者の誇り「プライド」

created by Rinker
新潮社
¥1,045 (2020/11/26 23:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

現在の日本ではちょっと考えられないと思うのですが、当時は戦争状態にありましたので他国から派遣されたスパイ(諜報員・工作員・破壊工作員)が普通にいました。

日本人のフリした中国人・韓国人・アジア人などが満洲の国境付近でとにかく「ウロチョロ」していたそうです。

「ウロチョロ」してるひとたちを取り締るため、国境付近では憲兵隊や特殊部隊が警戒・取り締りを強化していたそうです。

一方、日本には陸軍中野学校という「育成施設」がありました。諜報員養成機関です。リアル忍者のようなことをやらされていたそうです。おぞましい・・・

味方であるはずの「憲兵隊の拷問」に四年間も耐え忍んだ「陸軍中野学校」出身者

陸軍中野学校を卒業した者の鉄則は「敵を欺くにはまず味方から」

本当のことなんて言うはずがない。味方にも。

陸軍中野学校出身者は「諜報員」ですので普通に国境付近に配備されます。そして「ウロチョロ」します。しごとですから。

すると・・・普通に「味方に」逮捕されてしまうんです。普通に。そして・・・拷問されます「きさま・・・日本人じゃないな?」って。

「陸軍中野学校のライセンス」あるんですよ。免罪符てきな。出せばいいじゃないですか。

ドラマとか映画では「おれは陸軍中野学校だ!」って言うだけで解決しそうなのですが・・実際は違ったみたいですね。

「敵を欺くためにはまず味方から」を徹底的に叩き込まれている陸軍中野学校出身者は・・味方からの拷問にさえ・・耐えたそうです。

そんな状況でさえ「想定内であり訓練済み」だったそうです。しらんけど。おぞましい・・・・

まとめ

基本「敵を欺くにはまず味方から」

どうしてこんなことを書いたのだろうか。わかりません。そのうち気づくと思うのですが・・・

闇と向き合うことにつかれてきた・・・ひかりがすき。ひかり。

核戦争のカルマを開放 宇宙フェス録画を見てオリオン星系?不思議系追記あり

奴隷労働のカルマを開放する予定「貨幣経済を手放す・自由になる」追記:あり

徹底的な孤独の理由「なにも観えない・聞こえない・わからない」カルマの開放

天川村の美しい水と天河弁財天

2017年の天河弁財天でしょうか。この頃は本殿しか知りませんでした。

洞川温泉のきれいな水がすき

好き。きれい。

冬の洞川の水が美しい

すっげぇきれい。

夏頃は鮎とかマスとか普通に泳いでます。目視可能。

追記:断る。拷問のカルマとか知らない。

知らない。断る。もう嫌。痛いのは嫌。契約に無かった気がします。

知らない。断る。絶対にいや。かくじつに。気分がのらない。確実に。痛いのいや。

https://xn--b9jxdw54ihke6o1begc.com/starseed/neweatrh-2641/

だいたい、新月の種まきのとき、書いてない。← 新月ではなく違う記事で書いてました。拷問の無いせかい

余裕があれば。気が向いたら開放しますが、基本的にはやらない。

アルクトゥルスヒーリングチームに開放してもらうかんじ

しらない。痛いの嫌い。

アルクトゥルスチームにやってもらうと思います。おそらく。

Return Top