清濁併せ呑む.com

親愛なる宇宙由来の魂(スターシード)へ

「高橋佳子さん」ユルム展にてインナーチャイルドセッション「見つけ方」

「高橋佳子さん」ユルム展にてインナーチャイルドセッション「見つけ方」

画像は貴船神社のお焚き上げの様子です。感情の開放に良い直感がしたので当ブログ管理人が直接撮影したものです。スターシードオンラインサロンとは関係ないものです。

2020年の3月19日に大阪にてスターシードオンラインサロン・近畿ブロックチームさんによるユルム展というイベントが開催されていました。

サロンに3月に入ったばかりでとにかく人嫌いの当ブログ管理人は「なんかやってるなー。すっげぇ。人いっぱいでこわそう」ぐらいにしか思ってなかった気がします。仕事が終わってなんか近畿ブロックのページを眺めていました。

akikoさんやよしさん作成のビジネス動画・月例の会議録画などをサロンメンバーなら見ることができ、サロン内のよしさん・akikoさん作成のビジネス系の動画は実はすごい内容のことを普通に公開してくれていて、当ブログ管理人はアフィリエイト畑出身ですので「すっげぇ。これって○○○さんの高額セミナーで言ってたことと同じ内容だなぁ・・・うわ。これ、有料セミナー級の情報だねぇ・・」とか感心しきりでしたので「実際にだれかと会ってみるとか、まだはやくね?こわくね?」って思ってたと思いますし、今でもそう感じます(笑)

ユルム展にて「インナーチャイルドセッション」があることは知っていたのですが、自分には必要なのだろうとは思っていたのだろうと思うのですが。

ユルム展さんに飛び入り参加

よくわからない感じでユルム展に飛び入り参加し、ワークショップを開催されていた高橋佳子さんにインナーチャイルドの癒やし・インナーチャイルドセッションのカウンセリングを受けることになり、実際受けてきました。

akikoさんのライブヒーリング録画でブロック解除していたら・・・

ユルム展に行く前、確か・・akikoさんのライブヒーリングの録画を見てブロック解除していました。

最近浄化がきついとか言われだした途端なぜか意味不明に仕事先で感情を爆発させてしまうようになってしまい混乱していました。その混乱を治めるためブロック解除していました。

ライブヒーリング録画が無料なのにすでに有料遠隔ヒーリングの体感

akikoさんのライブヒーリングですが録画を見るだけでもすっげぇっすよね。体感すごかったです。

当ブログ管理人は5年前あたり高い金を支払って遠隔ヒーリングをいろいろ受けてみたものですがakikoさんのライブヒーリングは録画を見るだけでもマジ体感が強いです。っていうか無料ですよ。マジすげぇ時代にいるもんです。

  • 身体まわる・再生ボタンおしたらすぐ体感。上からエネルギー来る。すっげぇ。
  • 額割れそう。やるならはよやってほしい。はよ割ってほしい。しんどい
  • 浄化きつい。っていうか浄化ってなに?なんでもいいから浄化時代はよ終わってほしい

思い出した!浄化とかいうものがとにかくきつかった。っていうか今でも額割れそうですが。

あたまが痛いのではなく、サードアイとクラウンチャクラが割れそうっていうか開きそう。いたい。はよやるならやってほしい。って。

なんか、気がついたら京阪電車に乗っていました。半泣きで。意味不明。なんざますあれは。京阪本線淀屋橋特急のとなりのひとに気付かれないように気配を消して。できるだけ気配を消して。っていうか消えてしまいたかった。自分なんて消えてしまいたかった。

あのとき割とマジで飛び込んでもいんじゃね?もういいでしょ?って一瞬だけ考えた気がします。

地下鉄って便利なんですけど、なんか好きになれないんですよね。地下鉄。

ギベオンつけてたのでなんかいけた気がします。いつもお世話になってます。ギベオン。証明書つきの隕石です。かわいいやつと思いきや常にキレているたいぷのパワーストーンだそうです。

ギベオンの効能 高波動の隕石のおかげで悪夢を見なくなった理由とは | 清濁併せ呑む.com

インナーチャイルドセッションを実際に受ける

どうしてあんなにヨロヨロで歩いていたのか、理由はわかりません。

現場仕事が終わって一息ついて休息は充分だったはずですが、ヨロヨロと千鳥足でユルム展の前まで来ました。はい。行きました。

何故か無性に消えてしまいたかったことを今でも鮮明に覚えています。

高橋佳子さんによるインナーチャイルドセッション・カウンセリング

ユルム展でインナーチャイルドセッションをしてくれたのは高橋佳子さん。カウンセリングのみで三千円。フルセッションなら一万と八千円。カウンセリングのみを受けることになりました。

すぐに椅子を用意してくれたのを覚えています。椅子に座った時点で気持ち悪く吐きそうな感じでした。っていうか泣きたかった。消えてしまいたかった。なんざますあれは。

高橋さんがすぐに察知してくれて、統合ワークをしてくれました。ありがとうございます。まじやさしい。

なんかすっげぇドス黒い感じのなにかをイメージに吐き出して、重さを感じて「ありがとう!(半ギレ)」な感じで宇宙に放り投げました。そんで上からひかりを。とりあえず何色でもいいからええ感じのひかりをイメージ。

ちょっと落ち着けた気がしました。ドス黒いのを統合できたのでやっとこさ、インナーチャイルドのカウンセリングがスタート 

インナーチャイルドの癒やしとは

「母親に対してずっと抑圧していた・無視されてきた自分の感情」のようなものだと現時点では感じています。

自分自身としては、母親にはいろいろ言いたいことがあったがまず癒やすべきは八歳から九歳のときの自分と思っていました。

戸塚ヨットスクールを彷彿させる、怒鳴り散らしてプールに子供を叩き落としてひきづりまわす担任でした。子供相手に戸塚ヨットスクールはいかんでしょ。

今でもakikoさんの録画を見るたびにこのときの記憶を統合・ブロック解除しています。

戸塚ヨットスクールを投影していたのは、母親に思ったことを言えず我慢してきた自分自身

戸塚ヨットスクールをとっとと統合してブロック解除したい!と高橋佳子さんに伝えたところ、「戸塚ヨットスクールを現実に投影していたのは幼い頃、お母さんに言いたいことがあっても言えなかった自分自身にあるとおもいます」と教わりました。

「え?戸塚ヨットスクールじゃねぇの?」と感じたのですが、なぜかわりとすぐ腑に落とすことができました。あまりにもしんどかったのでこのときの会話は本当に覚えていないのですが、高橋さんにはこのあたりの難しい感じの話題を上手に誘導してもらえたと感じています。

っていうか、現実に投影してるって??聞いてはいましたが。akikoさんの動画をついさっきまで見てたので「知識としてはある」んですが、現実に投影してるって??マジ?聞いてはいましたが事実っすか?

というような混乱を覚えつつ、高橋さんに実際のインナーチャイルドの癒やしを誘導してもらいました。

母親に対しての怒り・悲しみなど今までずっと無視されてきた自分の感情と向き合う

  1. 母親に対してショックだったことを思い出す。これつらい。30年も前のことなんて忘れてしまっています。
  2. 鼻血がでるほど殴られその鼻血を治療している母に対し「どうしてこのひとは俺を殺そうとしてるのに鼻血を治療しているのか理解できない。さっさと殺せばいいのに。っていうかこんな愛されない自分なんて消えてなくなれば良い」とか思ってたことを思い出す。今思い出してもしんどい。むりむりむりむり。身体震える。
  3. 母親に殴られて無価値感でいっぱいの自分をイメージする。現場ではイメージなんてできなかったです。イメージとか無理っていうか以前から得意ではない・・・でも、イメージできなくても良いかんじ。そこに自分が「在る」と思えたら「在る」
  4. そこに「在る」子供の頃の自分に対しとにかく優しくする。あたまを撫でるとか優しい言葉をかけてあげる。優しい言葉ってなに?しらんしらんしらんむりむりむりむり。って思ってたら高橋さんがばんばん誘導してくれたので高橋さんの誘導どおりにバンバン言葉にしていたら、少しだけ泣くことができた。少し。充分。子供の頃の自分が笑顔になったとかそのときはわからない。でもそれで充分。満足。来てよかったとこの時思う
  5. 高橋さんが背後でいろいろ背中さすってくれたり、エネルギー流してくれたりいろいろしてくれてた気がします。自分の安心できるエリア?も創ってくれていた気がします。上からすっげぇええ感じのエネルギーが降りてきていました。

インナーチャイルドの癒やしって想像以上にストロングスタイル

想像以上にストロングスタイルでした。しんどかったです。子供時代のずっと我慢してきた自分と向き合うのつらすぎ。本当に半端ない。

インナーチャイルドの癒やし。とか命名はかわいらしくて、なんか誰でもできそう?って思ってました。っていうかできるでしょあんなもんって。いつかできるでしょ。って

webカメラの向こうの3千人と対峙して実質ひとりでインナーチャイルドと向き合う”よしさん” 想像以上にストロングスタイル

スターシードチャンネル・2つ目の動画ですね。よしさんが自分のインナーチャイルドと向き合う回です。なんか初々しいっすね。現在のよしさんの目がこの頃より澄んでいて、よき。

サロンに入る前「よしさんがんばれー。」ってTVを見るように見てました。特になんの感情も感じることもなく。だって・・やったこと無かったから。必要ないんじゃね?と思ってたから。

動画内でakikoさんが「ええ?インナーチャイルドやるの?よしさん。。勇気あるねぇ・・」って言ってますね。akikoさんのいう「勇気」ってピンと来なかったんですね。いままでは。

今ならわかります。よしさんすげぇ。鋼のメンタルですよ。はがね。ダイヤモンドかもしれません。

人前でインナーチャイルドを癒やすのって想像以上にストロングスタイル

これね。想像以上です。本当に想像以上。やってみないとわからないと思います。やってみたひとしかわからない。

当ブログ管理人はユルム展にて確かに人前ではあったのですが、こちらに好奇な目を向けられて変に注目されることもなく淡々と高橋さんに上手に誘導してもらえたので満足できる結果を得ることができた気がします。高橋さんにはそういう事にも配慮してもらえて「大丈夫?ちょっとやりづらいかもしれないけど」とかライブでリアルな配慮をしてもらえました。

やっぱり「ライブでリアルな配慮」ってなんか心強い気がします。

一方、よしさんは、webカメラの向こう側のこっちしか見ていない注目の的の約三千人?もっと?と対峙して更に、akikoさんに音声でサポートしてもらえるとはいえ、サポートしてもらえるとはいえ・・ですよ?実際には、ひとりじゃないですか。リアルサポートなしのひとりでインナーチャイルドと向かいあう。

akikoさんが「勇気あるねぇ・・」と言った意味がようやくわかった気がします。よしさんまじすげぇ。。普通のメンタルじゃできない気がします。

セッションの2日後にとりあえずインナーチャイルドの癒やしを完了できました

akikoさんのライブヒーリングの録画です。宇宙元旦前日の3月19日分の動画でよしさんが地球の周波数をおしえてくれてひとつひとつ手放しいくヒーリング回。

日本でいまのところ一番体感できる動画じゃねって感じています。昨日もブロック解除に使いました。

当ブログ管理人の場合、この動画の罪悪感を手放す箇所で母親に顔面を殴られて放心状態の自分の子供時代を思い出すことができたので、イメージ上で抱きしめて母親のストロングパンチをイメージ上で華麗にスウェイバックさせて「鼻血なんて出なかった。いいね?」状態に。

更に、なんか悪いことして家から放り出されて「おかーさん。なかにいれて。おかーさん」と絶叫していた自分を華麗に家の中へ誘導してあげました。

家の中へ誘導してあげたら、子供の頃の自分が笑ってくれ笑顔になりました。やべぇ。いま泣けてきた。まじぱねぇ。まじすgぇえ。インナーチャイルドの癒やしぱねえっす。書いてて号泣しそうです。

すげぇ。

追記:2020年3月28日に追記しています。「子供時代の殴られそうな自分をパンチを避けさせたり家の中に入れてあげたりして、安心させ笑顔にすること」これをどうやら過去の書き換えと呼ぶそうです。重要な技術のひとつのようですね。これも高橋佳子さんから教わることができました。

インナーチャイルドの癒やしのプロ 高橋佳子さんのセッション案内

インナーチャイルドの癒やしですが、可能ならばどなたか慣れた方、プロフェッショナルな方にいろいろ誘導してもらったほうが良い気がとっても致します。ものすごく。特に当ブログ管理人のような初心者の方は。

以下は当ブログ管理人が受けたインナーチャイルドセッション・高橋佳子さんのリンク先です。セッションの詳しい内容や料金・時間などについてはリンク先でお聞きになるとよろしいかと思います。

https://ameblo.jp/keiko070512/

2020年 3月28日追記 インナーチャイルドは承認欲求?

3月28日に追記しています。インナーチャイルドって承認欲求じゃね?って気づくことができました。

  • 一生懸命ブログ書いたのに反応薄い・・
  • 勇気を出して言ったのに・・・
  • 勇気を出してメールしたのに・・・・

「~~したのに・・・・」って胸の奥がザワついているとき、あると思います。承認欲求と呼ばれるやつだと思います。

自分の子供時代(インナーチャイルド)をイメージして、「ブログかいたの。みてーみてーみてーみてー。ねーねーねー読んで読んで読んで☆」って言ってる感じが、何故か自然とイメージできたので「ほええ。すげぇじゃん。よくがんばったねぇ。えらいねぇ。おれくん。この文章の書き方とか良いじゃないの?」と、とにかくあたまをなでて可愛がってあげると何故かざわつきが収まりました。

すげぇことに気づけたのかもしれない。承認欲求がインナーチャイルドをなだめることによって開放されるってこれすごくないですか?

Return Top