清濁併せ呑む.com

親愛なる宇宙由来の魂(スターシード)へ

ゲリー・ボーネル流”チベット体操 vol.2” 第六の儀礼法とセドナメソッド

ゲリー・ボーネル流”チベット体操 vol.2” 第六の儀礼法とセドナメソッド

願望実現のためにセドナメソッドを実践しています。

セドナメソッドととても相性の良いチベット体操について書いていきたいと思います。

といっても、ゲリー・ボーネル流チベット体操。スピ系では有名なゲリー・ボーネルさんがチベット体操についてどのように考えているのか、というような流れになります。

ゲリー・ボーネル流「チベット体操」vol.1 アトランティスの叡智より抜粋 | 清濁併せ呑む.comからの続きです。この記事がvol.2です。

チベット体操の実践については当ブログでも実践記事を書いていますし、ネットを見渡すといろいろなチベット体操実践記事がありますね。

ゲリー・ボーネルさんのチベット体操でやっぱり注目したいのは「第六の儀礼法」

幻の第六の儀礼法ということになります。

第六の儀礼法って話題にされる事が少ないんですよね。奥平亜美位さんのチベット体操本などやYou Tubeのチベット体操動画でも第六の儀礼法の取扱いはありません。

よく探してみると第六の儀礼法動画を発見できたりします。

男性で禁欲的な感じで生活している人などにはチベット体操の第六の儀礼法が実は人気だったりしますね。極めてコアな層から絶大なニーズを集めるチベット体操の第六の儀礼法

セクシャルなエネルギーをニュートラルに戻してくれます。クンダリーニの覚醒を予見しながら

チベット体操とは

チベット体操とは身体を動かしながら瞑想もできるという画期的なシステムの事を言います。

チベット体操の事を調べてみると

  • なんかダイエットも叶った
  • なんか若返っちゃった
  • なんか世の中思い通り?って感じでどんどん良いこと引き寄せてます☆

といった驚くしかない効能?の報告が多いみたいですね。事実ならすごいですね。事実なら。

管理人がチベット体操を実践していてすぐに実感したのは「深い瞑想状態」と「ものすごい深い精神安定作用」です。

チベット体操を実践しているとチャクラが整ってくるのがそのうちわかってくるようになったりもします。

感情の開放やセドナメソッドとの親和性は抜群です。っていうかチベット体操の合間に感情をどんどん開放していけばいいです。

チベット体操とセドナとの相性は最高だと感じています。

慣れてきたらチベット体操が楽しみになってきたりするのですが、腰痛になってちょっと最近は抑え気味にしています。

以下の文章はゲリー・ボーネルさん「アトランティスの叡智」からチベット体操に関する文章の抜粋になります。

チベット体操 第一の儀礼法

この儀礼法を行う時は規則正しい呼吸をすることを忘れらないでください

背骨の椎骨の間に、意識的にも物理的にもスペースをとります

横槍すいません。管理人なんですが、ゲリー・ボーネルさんの言う「背骨の椎骨の間に充分なスペースをとる」というフィーリングが今でも理解できないです。だれかおしえてください。お問い合せから問い合わせて頂けたら簡単です。

第一の儀礼法

両腕を肩の高さで外側に伸ばし、息を吐きながらゆっくりと身体を左から右へと回転させます。

回転の後半に入ったら、息を吸いはじめます。

身体全体をひとつのユニットとして同時に回転させることが大切です。

完全な一回転を一回と数えます。

回転を始めた姿勢に戻って一回です。

最初の回転をはじめるまえに、自分の前にひとつポイントを決めましょう。

そして毎回、そのポイントに戻るようにします。

繰り返す場合、1つの回転の途中で、そのポイントを通ったときにやめないでください。

繰り返すときの数を数えるときの便宜的なポイントです。

軽くめまいがするまで、あるいは21回転するまで続けます。

多くのひとにとって、この第一の儀礼が一番簡単で、たくさん繰り返すことができます。

チベット体操 第二の儀礼法

この儀礼法を行う時は規則正しい呼吸をすることを忘れないでください。

背骨の椎骨の間に、意識的にも物理的にもスペースをとります。

第二の儀礼法

床の上に仰向けに寝て、両手は身体側にそって伸ばし腰の下にいれ、手のひらは下に向けておきます。

指はそろえてつけ、両手はお互いに近づけるようにわずかにうちに入れた状態で、仙骨のあたりに置いてください。(体型に差がありますので、仙骨が床に直接つく場合もあります。)

脚はそろえて伸ばします。

息を吸いながら両足をできるだけ高く上げ、頭を超えてのばしてください

このとき、仙骨の部分はあなたの手の上か床につけたままにしておきます。

脚を上げると同時に、頭も持ち上げてあごが胸につくようにします。

次に動きを止めずに、息を吐きながら脚と頭を同時に同じ速さでおろし始めてください。

こうして脚と頭部を同時に床におろします。これで一回と数えます。

横槍すいません。当ブログ管理人ですが、頭と脚を同時に降ろせとゲリー・ボーネルさんは言っていますが、管理人は「脚をさげてから頭」という順番にしています。

どちらが正解なのかはわかりませんが、チベット体操本やYou Tubeに転がっているチベット体操動画を見ると「脚をさげてから頭」という順番が主流みたいですね。

チベット体操 第三の儀礼法

この儀礼法を行う時には規則正しい呼吸をすることを忘れないでください。

背骨のの椎骨の間に、意識的にも物理的にもスペースをとります。

第三の儀礼法

腰を下ろさずにひざを床につけ、足は後ろに、つま先を床につけるようにします。

両手を腿の後ろ、できるだけ低い位置におきます。

息を吐きながらバランスをとりつつ身体をできるだけ前に倒しましょう。

あごのさきを胸に近づけます。

そのまま動きを止めずに息を吸いながら、身体をまっすぐに戻します。

さらに動きを止めずに息を吐きながら、今度は体重を両腕と腿で支えながら、できるだけ後ろに反らせます。

頭もそっと床のほうへできるだけ下げてください。

次に息を吸いながら、身体を中央まで戻します。

まず背骨をまっすぐにし、次に頭部をもとに戻します。これで一回分です。

チベット体操 第四の儀礼法

この儀礼法を行う時には規則正しい呼吸をすることを忘れないでください。

背骨のの椎骨の間に、意識的にも物理的にもスペースをとります。

第四の儀礼法

足をそろえて前に伸ばして座ります。

手のひらを下に向けて、親指が腰に接触するように、すぐ脇に置いてください

息を吸いながら、ひざを曲げて、おなかを肩の高さまで持ち上げます。

このとき、あごを同時に胸に引き寄せます。

身体が床と平行になるようにしてください。

自分がテーブルになった感じです(体型の違いもありますので、テーブルが床と完全に平行にならない場合もあります。)

次に息を吐きながら頭を後ろに反らし、床にゆっくりと近づけます。

また息を吸いつつ、頭を戻しながら身体をもとの位置におろします。

息を吐きます。これを繰り返してください。

第五の儀礼法

この儀礼法を行う時には規則正しい呼吸をすることを忘れないでください。

背骨のの椎骨の間に、意識的にも物理的にもスペースをとります。

第五の儀礼法

腕立て伏せをする姿勢をとります。

両腕は肩幅に開いて、床に腹ばいになるように。

つま先まで床につくように伸ばします。

脚はまっすぐにしたまま、息を吐いて、腰をできるだけ高くあげていきます。

腰を上げ、頭を下げながら、あごを胸に近づけます。

すべての筋肉に力を入れて、腕と脚はまっすぐに伸ばします。

息を吸いながら、今度はゆっくりと腰を下げて床より少し上で止めます。

息を吐きながら頭を上げて後ろに反らし、胸を開きます。(肩甲骨を下げ、反らすようにして胸を前に出してください)

すべての筋肉に力を入れます。

息を吸いながら、もとのポジションに戻ります。

これが一回分です。

チベット体操 第六の儀礼法

要注意事項:この儀礼法は性的な関係を結んでいないときに行うのが適切です。

これを行うとセクシャルなエネルギーがニュートラルになるからです。

ベースチャクラと脾臓のチャクラのエネルギーが第三の眼とクラウンチャクラのエネルギーにマッチするように変容するのです。

この儀礼法を行うときには規則正しい呼吸をすることを忘れないでください。

背骨の椎骨の間に意識的にも物理的にもスペースをとります。

第六の儀礼法

腰に手を当てて、足を肩幅に開いて立ちます。(息を吐く時、大きなため息をつく感じで行います。)

力強く息を吸いながら、下腹部を背骨につけるようにへこませていきます。

このとき、両手を腰のほうへ押し下げます。

息を最高に吸いきったとき、肩を少しすくめ、力強く校門括約筋を引き締めます。

肩はそのまま上げ続け、括約筋も締め続けたあと、顔の筋肉を収縮させてください。

しかめっ面をしたまま、三カウント息を止めます。

ため息をつくように息を吐きながらまた下腹部を前に出します。

これが一回分です。

ゲリー・ボーネル流チベット体操のまとめ

この儀礼法(チベット体操)は、背骨の下、ベースチャクラに休眠しているクンダリーニのエネルギーを覚醒させようと意図したとき、より大きな意味を持ちます。

こういった秘教的な修行すべてに言えることですが、古代のテクノロジーは注意深く取扱い、進めていきましょう。

バランスのとれた意図と、焦らないことが重要です。

チベット体操を指示どおりに実践しなければ・・・

現在、ダイナミックメディテーションをすでに行っている人は、指導者に儀礼法が現在の方法に合うかどうかを聞いてください。

この儀礼法や他の霊的な修行法に関しては、肉体になにか問題が起きた場合にはやめてください。

問題とは、たとえば急激な説明のつかない体重の減少、不安の増加、反社会的な行動などです。

指示のとおりに儀礼法が行われない場合、このような問題が起こる可能性があります。

クンダリーニのエネルギーが上昇すると?

休眠していたクンダリーニのエネルギーがベースチャクラからクラウンチャクラに上昇しはじめると、重大ではありませんが、通常とは違った状態が現れます。

感覚が異常に鋭くなる、透視によるビジョンが散発的に見える、自発的な体外離脱体験、オーラが見えるようになるなどが最もよく報告される現象です。

このような状態は実践する人が急ぎすぎる場合にのみ現れます。どの方法も、どうぞゆっくりとあせらずに実践してください。

ゲリー・ボーネル流チベット体操 vol.1

以下のチベット体操に書いた記事がvol.1です。今回書いているのがvol.2です。

動画で見る「チベット体操」


この動画のとおりに実践すると非常にスッキリできました。初見にはわかりづらいチベット体操の呼吸法が簡単に学べる良い動画だと思います。

チベット体操の実践

チベット体操を実際に実践しています。効果を感じるから実践しています。というようなことを書いてみました。

Return Top